遠近両用レンズ

imaged.jpeg   imagee.jpeg   imageaあ.jpeg

手元からパソコン迄が広く見えお部屋の中位まで見えるのは中近両用レンズ(度数による)

 

手元と遠くは良く見えてパソコンの距離が苦手なのが遠近両用レンズ

 

遠近両用レンズと言っても多種有り用途によって使い分けて頂きたい。また価格により見え方はだいぶ違ってきます

 

imagebあ.jpeg   imagecあ.jpeg   imagefあ.jpeg   imageい.jpeg

やはり低価格の遠近両用レンズはこの様に見える範囲が狭くなります

 

やはり高価格帯のレンズになると見える範囲が広くなり快適になります

 

またある程度の価格のレンズは遠近両用レンズに限らずですがゆれ歪みは極端に軽減されます

 

こちらが低価格のレンズのゆれ歪みです。遠近両用レンズになるとこの状態+累進帯の歪みが加わります

通常の設計

 

両眼リンク設計

 

レンズの違い

969200-img4.gif   969200-img5.gif   20120627_2439711.jpg

レンズやメーカーにより設計は様々ですが通常の遠近両用レンズはこの様に見え難い部分が発生します

 

両眼リンク設計と言うレンズもあり眼は両眼で見るものと言う考えを基に設計されたレンズです

 

近くが見え難いやレンズの両サイドが見え難いなど色々有りますがレンズの構造はこの様になっております

 

まずレンズにはおおまかにわけて遠近両用、中近、近々、単焦点レンズと言う様に分けられます

 

@単焦点レンズ 

 近視、遠視、乱視、手元専用メガネなど一般的に用いられるレンズです

「単焦点レンズ」は、近視、遠視、乱視などの一般的な屈折補正に用いられます
主に、遠く専用、近く専用、中間距離専用など、度数は1つだけですが視野は広く使えます

 

A遠近両用レンズ

1枚のレンズで近くも遠くもカバー遠近両用レンズは、遠くからお手元まで1枚のレンズで見ることができる多焦点レンズです

 

B中近レンズ

パソコン画面が大きく見える

手元が広く、見やすい

意外と離れた距離も見える

 

近々レンズまたは近用ワイドレンズ

中近レンズよりも奥行きが短くなりますが、手元に関してはワイドに見ることができます。通常の単焦点老眼用レンズと中近レンズの中間的なレンズということになります。デスクワーク中心でデスク周りをワイドに見たい方には最適なレンズです。

 

レンズの設計は各社様々な言い方をされて独自の設計をされております

わかりやすく簡単にレンズの特徴を書かせて頂きます

 

単焦点レンズ(眼の調節力の有る40才前の方向け)

 

両面非球面レンズ  下記の画像を見比べて頂くとわかるのですが(ゆれ歪みが軽減しますので乱視の強い方などに有効です。またレンズの見える範囲が広くなりますのでお度数が強い方の視野を広げてくれます)《感じ方に個人差はあります》

503570-img31.jpg   505570-img31.jpg   505570-img51.gif

 

 

 

 

 

M−POS及びネッツペックコート

photo011.png 

レンズに特殊なコーティング加工をかける事で眼にピンホール現象をおこし瞳孔を開いてくれてよく見える様にさせてくれるレンズです

またその特殊なコーティング加工のおかげで車のヘッドライトのチラつきを抑えてくれます

自然光も優しく軽減してくれます

特に眼に疾患のある方眩しさを感じたり視力が低下してきている方にお勧めです

東海光学ルティーナ 伊藤光学メニモ アサヒオプティカル ニコンHEVカット

東海ルティーナ.jpg 

眼の奥まで届くブルーライト(HEV)を極限迄軽減してくれます

白内障、緑内障、加齢黄班変性症などに有効と言われております

確かに眼の奥の痛さは和らぐ様な気がします

 

この様にレンズは単焦点レンズだけでも色々と有ります

遠近両用になるとこの何倍もの種類や設計が御座います

ご自分が必要ようとするレンズは何かを考えお選び頂ききちんと測定すれば掛けられないと言う事はまず少ないです

 

またまれに累進レンズが苦手な方もおりますが他にも色々と方法はございます

ご相談下さい

下記の各メーカーのホームページをご覧下さい

わからない所はご質問頂ければご一緒に考えさせて頂きます

 

レンズの設計についての説明は下記から

 

不同視(ガチャ目)に向いている両眼バランス設計は《ここから

 

脳科学を使い快適な見え方にする両眼リンク設計は《ここから

 

カメラの技術を使用しピンボケを最小限に抑える収差面フィルター面の両面設計は《ここから

 

他にも色々と各社、眼の症状に合わせて説明されております

 

NIKONレンズ(ホームページ

東海光学(ホームページ

昭和光学(ホームページ

HOYAレンズ(ホームページ

BUI(ホームページ

 

遠近両用レンズ程値段により見え方が変わってくるレンズは有りません

もちろん人により見え方は様々ですのでお店色々なレンズを試してみて頂きたいです

 

当店は素人のお客様にも出来る限りわかりやすくレンズとフレームの説明をする事を心がけ、そしてお客様に必要の無い機能はお勧めしない様にしております

 

そこで少しでも真剣に目の事をお考の方に少しでもわかりやすく真実をお伝え出来ればとホームページに書く事にしました

 

目は大脳に一番近い大切な機関です。目が見えなくなった事を考えてみて下さいがく〜(落胆した顔)

 

人間は情報の90パーセント以上は目から得ています

目はいわば大脳の一部分です。目から体の病気がわかる事は多々あるのです 

私は色々なご病気などで目が見え難くなった方を見ていますもうやだ〜(悲しい顔)

 

見えているから良いではなく見えているからこそ大事にして頂きたい

目の疲れや肩こり頭痛などの原因は目である事も多々あります

黒目の位置のズレが原因でストレスや目の疲れ頭痛を引き起こしている事が有ります詳細は⇒ http://www.saitamaterasu.jp/category/1616089.html

 

 

レ―シック手術もしかりオルソケラトロジーもしかりコンタクトレンズもしかり良いことばかりを聞いて 皆そこに有るリスクを知らないからこそリスクも知って頂きたいから書きます

 

2011_1108_002.jpg 

コンタクトレンズ

目は上から下へ栄養分を含んだ涙が目に潤いを与えているのです。ソフトコンタクトレンズはその栄養を与えると言う自然の流れに蓋をするのです。ですから写真様になってドライアイになるのです

ソフトコンタクトは自然の流れに蓋をするのですから長時間使用して良い訳がないあまりお勧め致しませんが、コンタクトを使用される時は必ずベテランの医師の先生に処方を頂いて下さい。処方の無いカラーコンタクトレンズは最悪です。必ず後々目を傷めて後悔しますよ。

 

レーシック手術

最近問題になり始めましたが、私的に考えると大脳にメスを入れる事をあまり良い事とは思えません。又私の経験では視力が元に戻った、夜が見え難くなったなどのお話を聞きます。また眼にとって大事な角膜内皮の減少の原因にもまります。もちろん凄く視力の悪い方に取ってはレ―シック手術は大変ありがたい事だと思いますので、きちんとリスクも聞いて病院の噂も聞いた上で行って頂きたいと切に思うのです

 

白内障手術

やはり脳にメスを入れる事はあまりお勧めしません。又手術をしたからと言って100%成功は有りえない事です。メガネを掛けても視力が0.1以下で生活に支障をきたす様でしたら行うべきで、0.4位見える程度でしたら自分の目でみられた方が良いかと私的には思います。

  

オルソケラトロジー

夜コンタクトをして寝ると朝近視が治っていると言うものですが・・・原理は角膜をレンズで押し付けて角膜を凹レンズにして治すと言うものですが、まだ新しい技術ですので先の事例は御座いません。ただ毎日角膜を押し付けると角膜が歪んで調整出来ない乱視にならないかと私的には心配です

 

眼科さんは何も推奨しない宣伝もされないベテランの先生のいる

普通の眼科さんが一番良いのではないかと思います

 

また眼位異常が有ればその専門の眼科様が良いかと思います

信頼出来るドクターは《ここをクリック

 

目を測定する時にフレームのフィティングをするお店をお選び下さい

無理に勧めないお店をお選び下さい

貴方に合うメガネのサイズをアドバイスしてくれるお店をお選び下さい

目の位置をきちんと測るお店をお選び下さい

作った後に調整では直りませんし、掛け慣れて下さいは時と場合によりけりです

 

 私も完璧な測定が出来るとは申しませんが、少しでもおかしいと感じた方には私の信頼出来る眼科さんの検診をお勧めしておりますし、少しでも症状や使い方、違和感などを会話の中から読み取り装用感の良い眼鏡を提供出来る様に勉強はしているつもりです。

 

眼鏡フレームも自分で掛けて少しでも装用感の良い負担の少ない物を選んでおりますしその商品の長所も短所もお伝えしてきちんと説明しております

 

限られた予算の中で最大限に良い品物をご提案させて頂きたいとの想いで日夜仕事しておりますわーい(嬉しい顔)ですのでご予算もお伝え下さい

 

又メガネを変えて頂く事で気分転換にもなりますしお洒落なメガネ、掛け心地の良い快適なメガネを掛けて頂く事で、皆様が笑顔になり元気になって頂けると信じておりますわーい(嬉しい顔)

お客様自身も良く色々なお店を回りお店を選んで下さい。 

▲このページのトップに戻る