Terasu Mgane Story

Terasu Megane (テラスメガネ)のネーミングは私の沢山の想いが込められております

 

昔1970年代私達の青春真っ只中の頃流行っていたJensSHOPやホコ天のカフェテラスの様に入りやすいお店、気軽に遊びにいらして頂ける様な空間作りをしたいと言う想いと私の父親の名前が『輝』と書いて『てらす』と言う名前だったのでヤンチャだった頃に迷惑を掛けてしまった反省の意味と輝ける様なお店にしたいと言う想いと色々な想いが重なり合ってTerasu Meganeとなりました

 

また私は不幸にして母を医療事故により亡くした経緯があり、人を脅かす様に上から目線で指示をする医師や利益目的の医療をする医師とは私自身が合わないので、せめて私の所に眼の相談に来て頂いた方にだけでも私が信頼する専門医をご紹介する事が出来たらとの想いでもやっております

 

私の考えは眼は交感神経と副交感神経の交わる場所であり多少の度数の違いでも微妙に体に影響を与えると思っており眼鏡店は半医半商で医療の一旦をになっているとの想いで仕事に取り組んでおります

 

また今迄の眼鏡店を見て来て眼鏡が必要な強度近視と言われる方やガチャ目と言われる不同視等の方程お洒落な眼鏡を必要としているのにそこの部分の選択肢があまりにも少ない現状に、そういう方に出来る限り喜んで頂ける眼鏡フレームを厳選させて頂いて取り揃える努力をしております

 

Terasu Megane はそんな色々な私の想いを詰め込んだ眼鏡店です

▲このページのトップに戻る